宗教哲学

元仁元年

是旃陀羅の問題を考えていたら「元仁元年」の問題がみえてきたぞ親鸞晩年の正像二千年説採用は皆が思っているより深刻なことだ

安芸門徒に告ぐ2

是旃陀羅は『観経』の「要」に当たりますこの言葉を削除、不拝読することは観経をバラバラにすることに止まらず要門としての観経をバラバラにする

だんちゅー

論文かいてるんだけれど一個、出典がわからないのがあったちまたでよく言われているんで典拠がちゃんとあるのかと思っていたんだけれどね部分的には調べがつくんだけれど全体の言及がないまあ、みんな知っているんでスルーしようかなと思ったら、辞書に出て…

シャドウモンク3

シャドウモンクの問題って結構深刻で、今回はスルーできたけれどいずれは本格的に調べなくてはならないちょっとあせって資料買い込んじゃったんだよね(笑ということで、シャドウ・モンクといえばコルトレーン(笑このレコード紹介してくれた人頭打ち抜かれ…

安芸門徒に告ぐ

もっとも危惧していることが起きてしまいました本派の安芸教区が「是旃陀羅」削除・不拝読を提言しましたあってはならないことで提言だけでとどめておいてほしいところです

Shadow Monk2

ぎりぎり善導の時代に成立した可能性があるって研究が見つかったぞ!やったー って善導の文章、その証拠になるぞ(笑

Shadow Monk

ponの研究で必ず出くわす謎の存在Shadow Priest(Monk)前の研究室で『末法灯明記』を調べていたときにその存在が見えかかったんだけれど(一応、研究員に○○が正体っていったんだけれどどうも違うみたい)今回、是旃陀羅考をすすめていくうちふたたび遭遇し…

執筆中

是旃陀羅考のつづきを執筆しています基礎資料の読み込みは終わったのですがひとつ困ったことが是旃陀羅を注釈にするに当たり、善導が参照している経典がいくつかありますその中のひとつの経典の成立年代が、どうも善導と合わない?この経典を読んでいること…

重要人物

是旃陀羅の問題を解く鍵となる重要人物は複数いますが釈迦と関わりのある人物がいます現在、典拠を当たっていますが、論文はかなり少ない中村元さんの言及があり、単行本の題名はわかりますが選集のどこに収録されているかわかりませんも〜お(笑

曹操に尋ねよ6

涅槃経による阿闍世のアイデンティファイなんだけれどponの提起した視点ではちょっと整合性がつかない面があっていろいろ調べていたら、曹操に聞けばよいことに気づいた(笑いちおう、典拠となる本を購入し確認げっ三冊もあるそうそう、ここここん!?現代語…

曹操に尋ねよ5

ということで三国無双購入「曹操にって、これ董卓?

大乗非仏説3

ponが西村玲さんの存在を知ることになったのは佐藤 哲朗さんの『大アジア思想活劇〜仏教が結んだ、もうひとつの近代史〜』で、紹介されていたから。また、是旃陀羅の問題を解く鍵も、佐藤哲朗さんのこの本にあった。西村玲さんの人となりはさぴあ★仕事カタロ…

大乗非仏説2

ponのいる研究室のテーマは「大乗非仏説」で、所長さんはおもに大乗仏教興起時のそれを扱っているで、ponは江戸期の宗学と大乗非仏説との関連を研究しているが一番参考にしてるのは、西村玲さんの『近世仏教思想の独創』浄土律の普寂に焦点を当てているそう…

ebapon、ガリレオ・ガリレイになる

そ、それでも地球は回っている「って、酔っ払っているのか!」(開高健説)

是「老人」とはぢしめて 上

沖縄東村の高江の米軍の訓練場周辺で、抗議活動をしていた作家の目取真俊さんは、警備していた大阪府警の機動隊員から「触るな。老人」と言われたそう。「ろ、老人」と目取真さんは、一瞬首をかしげたが老人力のたかいponだったらそういわれても納得していた…

曹操に尋ねよ4

前回の論文で、是旃陀羅の典拠をひとつ示しました善導も親鸞もそれによって「差別的言辞」を用いています(親鸞は善導とは違うバージョンのテキストを読んでいます)今回の論文ではもうひとつの典拠を示しますこちらも、善導・親鸞おふたりとも王舎城の悲劇…

曹操に尋ねよ3

天智と天武そして聖武、桓武このあたりから、是旃陀羅の問題の所在が明らかに。とすると「あ、うん」最澄も空海もはっきりとわかっているでは

曹操に尋ねよ2

そうそう、曹操より,日本では「是旃陀羅」和讃の秘密を彼ならば確実に知っているだろう(知らぬ訳はない)って彼って天智?聖武?もしかしてちょーロー(笑 ではなく

曹操に尋ねよ

「是旃陀羅」和讃は、差別か否かの問題は解決しましたがではなぜ、諸差別からの解放を指し示す和讃が真逆の、差別を助長温存するものとして扱われてきたかが、とても大きな問題となります。この問題を解く鍵を、ponはすでに言及していますが『蒼天航路』問題…

大乗非仏説

そろそろもとの研究(大乗非仏説と真宗)に戻らないと所長の顔も三度までということで、いまこれを読んで、記憶を呼び覚ましています。http://www.aozora.gr.jp/cards/000284/files/1735_21416.html 「是旃陀羅考」についてはいちおう結論に達しました。差別…

親鸞思想に魅せられて -仏教の中の差別と可能性を問い直す

前にこの本について触れたときに小森龍邦さんの立場からも見えにくい問題があるのだなぁと述べましたが最近、山陽教区から、下記のように映像が公開されており目から鱗音声は聞き取りにくいのですが、ほぼ問題の核心を言い当てています。ちょうど、ponが2月…

思わぬところに16

そして、もうひとつは頻婆娑羅は”ダースベイダー”なのかです(笑ponはダースベイダー説を採らないのですが皆はどう思うかなぁん!?だとするとルークは???

思わぬところに15

さていよいよ、ponのとんでも研究発表(@佐世保)ふたつあってひとつは、月光仮面は正義の味方なのかについて考察しますとても「いいひと」には思えないのですが(笑

女たちの謀反3

落合誓子さんの本なんだけれど伊勢谷功さんって人が「王舎城の悲劇はなぜ起こったか」という文章をよせている鋭い視点で、示唆に富んでいるが、東本願寺の『現代の聖典』批判としては少し問題があるようだちょーろーが熟睡中なので大きな声では言えないけれ…

だんみつ・とうみつ・たいみつ問題4

最近、たいみつ研究が充実してきてponがしりたい知見が徐々にでてきているりょうみつもまたおどろくような研究がでているけれどここはやはりたいみつにしぼるかなぁひらがなおおいとなにかいているかわからないよねハングルみたいだね

だんみつ・とうみつ・たいみつ問題3

たいみつえしんりゅう一本に絞りたいけれどやっぱり「両蜜」は魅力的だ(笑りょうみつ(台密、東密)についてはかつて、ECHO所長の時、勉強させていただいた。うーーんどうしよう

ラスボス 2

親鸞は『教行信証』でラスボスをあまりにも手際よく切り倒しているので倒された方も、わたしたちもその事実に気づいていない(笑ponはこの問題を「是旃陀羅考」で明示的に指し示していくが原理的な問題は、本論(未公開)の方で扱っている石井公成の思想的営…

ラスボス

新年を迎え、ちょうどponの研究室任期も半ばとなりましたと、ここで、ついにラスボスの姿が見え始めました。宗教哲学上その存在は織り込み済みで、実際何度も論及してきましたが目の当たりにすると、やっかいな存在でもあります。ちょっとハードな一年になり…

最後の謎

ひとつどうしてもわからないところがあったのですが年末ぎりぎりになって、わかりましたこれで、よい年が迎えられそうです(笑(来春の研究会で発表しますよ〜結構、おどろきの事実です)

だんみつ・とうみつ・たいみつ問題2

だんみつ、とうみつどちらも甘〜く蠱惑的だけれど(笑 やはり、問題はたいみつえしんりゅう