モノラル試聴会





(しょうがくだいおん・こうるじっぽう

 大音響ではありません。

 漫画はねこぢるうどん2から借りました)


オープニングはビング・クロスビー


モノラル用SPは何と言ってもアルテックA5
朗々と何の屈託もなく歌い始める。
50メートル四方に響き渡る。


そういえば、どこぞの国は、ホールにたむろする
学生を追い払うため閉館時、クロスビーの歌を流すという。
オーストラリアの空港で鳥除けで流されるティナ・タナーよりはいいけど。


アルテックが歌い始めると、門前の店から妙齢の女性がふたりほど
「何をしているのですか」と訪ねてくる。
前回は「父がジャズをよく聞いていました」とたまたま通りかかった
うら若き女性が訪れた。おそるべしアルテック



タンノイ・オートグラフは20年の眠りから覚め

数時間しか鳴らしていなかったので、オーディエンスのタンノイ

ファンからダメだし。


(片一方を公開で組み上げステレオで鳴らしました。夜中まで鳴らし
そろそろ本領を発揮し始めました)



余興で「サキコロ」の国内版とオリジナル盤(NJ 2nd)の聞き比べをしましたが
アルテックくんは「へい、次はサキコロ、国産とくりゃー」と豪快に鳴らします。
「で、次は産地直送、こりゃ驚きだぃ」とこれも豪快に鳴らします。



聞き比べにならなかった。


で、



怒濤の宴会へ突入。ヱビスビール2ダース買っておいたのですが

1部であらかた空けてしまいあたふた。


タンノイのステレオ演奏の間に

真打ち「ビッグブロック」のお色直し。


ウーファーオリンパスから外したLE15A



からガウスのアルニコタイプへ換装。



845×2 マルチで鳴らす。

クラッシックカーレースにいきなりF1がきたような感じ。

軽く試運転しただけですが、モノラルでも空間が足りない予感が。


ビッグブロックはRUBYさんのマシーン名ですので


現在は「ビッグブロック(見習い)」です。


(BB(見習い)は第二試聴室で徹底チューニングすることになりました。)


午前0時を回ったところで、後片付けモードに。


午前1時、閉幕。


スタッフの皆さんご苦労様。

オーディエンスの皆さん、お楽しみいただいたでしょうか。

次回は秋、SP盤試聴会を開催します。



みんな帰った後、ebaponは、


アルテックとタンノイとBB見習いと、


今回はターンテーブル台として活躍したオリンパス君に


 乾杯。


 お疲れ様。みんながんばったね。