銀座の村松



すべての友に捧ぐ 松村雄策ラストアルバム

 "Unfinished Remembers Yusaku Matsumura"


 僕は苺畑へ行って

 苺を全部つぶして

 畑を血の海にしてしまった

 (苺畑のヒッチハイカー)


15年間のミュージシャン生活に終止符を打ち

小説を書き始める

4年を費やし書き上げたのが


 60年代少年小説
  WITH THE BEATLES 1963-1970
 


『苺畑の午前五時』

 この小説は、もちろんビートルズのストロベリー・フィールド・フォーエバーと
 
 バッド・フィンガーの午前五時をモチーフに描かれている

 と思う。

 
 (午前五時は、小説中とても大事な時だけれど、それは実体験に基 づく刻なのか、夜明け前を表しているのか、なにかの引用
 なのかは判らない)



 小説は、父の死で終わる。


 その父のパスポートの顔写真の下には「左ホオニナナメニ傷」とかかれていたそうである。

 もちろん、少年には父の職業は判らない。


 実際、松村の父は、「銀座の松村」と呼ばれその筋では有名な男であったそうである。

 銀座のクラブで斬りつけられた父は、病院にはもちろん行かず、家に飛び戻り、拳銃を持って、飛び出たそうである。


 うーーーん。だんだん少年小説の話でなくなってきたぞ。


 そういえば、うちの◎◎おいさんも、若い頃、腹を切られ、腸が飛び出したなあ。

 病院に行かず、はみ出した腸を元に戻し、さらしをきつく巻いてドスをもって、飛び出していったなあ。

 それから、ずーと姿を見せなかったけれど、

 何年かたったある日、赤飯もって、訪ねてきたんだ。

「これずっと着てたジャージ」

 ってもらったんだよな。

 小柄なおじさんだから、ebaponには入らず、姉貴が貰ったんだ。

 (姉貴は大学時代、体育の授業中そのジャージを着ていたんだ)


 姪の○なこは、小さいときおじちゃんとよくお風呂に入っていて

 「うちのおじちゃんは、体中に盲腸の跡があるんだよ」

 っていってた。

 額にもあるとか。


 そういえば、松村さんのラストアルバムのU2みたいな写真。

 これって、銀座の松村が撮ったんだよね。




 なんか横に置いてある時計が「かち・かち」自己主張始めたぞ。

 うん、えっ、背中、背中?。

 そう、そう、おいさんの背中のもんもん。東大の先生が是非標本にと予約してあるそうだ。

 ん。違う、ああ、お前の背中ね。



 おお、お前は「銀座の村松


 うん、まあ、若い頃、確かに銀座で「かち・かち」鳴らしていた。



(完全に脱線しました。後日改めて)