小料理屋で密談

昨晩のこと

はな虫さん、形のいい鰺が釣れたということで、

庖丁人、一角太郎に捌いてもらう。

客人は「非双子(AfricaTwin)」さん。

日本酒は立山と鷹来屋。


刺身は鮮度があって身が締まっている。

前回はフライがメインだったけれど

今回は、りゅうきゅう。



カメラを持ってなかったので、チョウさんのブログから拝借しました。

(チョウの檻 chows-cage.jugem.jp)

チョウさんのは関鰺。地元のebaponでも口にしたことはありません!

贅沢の極み!!


密談は、オリンパス再生計画と同時進行のBIGBLOCK(見習い)の進捗状況。

この辺で一旦オリンパスレストアは中断し、JBL2440をBBのユニットとして投入することに。

あとはウーハー。LE154本ってことになるのかなあ。

ともあれ、この件はO塚大尉の英断を待つ。



昨晩ちょっと飲み過ぎたので、反省するebapon。

とりあえず、近くのコンビニに行ってヱビスビール

黒木瞳のサイン入りタンブラーがおまけでついてきた。

黒木瞳といえば

映画『仄暗い水の底から

非双子さんの息子さんの付き添いで随分前観に行った。

場末の映画館で、人はほとんどいない。

入場を一瞬ためらう息子さん。

「誰もいない映画館で、ホラーを坊さんと見るのかあ」

とつぶやいていた。



給水塔の手形のシーンでびびるebapon。


ハリウッド・リメイクではカットされていたなあ。