タキモトの世界2 エビス篇2

今日はいつもの研究例会。

席上、いきなりボヤッキーn川君から質問。


「ぶージーって何ですか?誰のことですか?」


「・・・・・うん、まあ、この席で説明するのも何だから

10月25日のSP盤試聴会の時遊びに来なさい。紹介するから・・・・」


「え、逢えるんですか」


(期待に胸をふくらますボヤッキーn川)






ところで、蛭子能収=ハードボイルド説

(根本敬。彼は蛭子さんに会ってから人間不信に陥ったそう)


うーーーーん。ハードボイルドエッグも、最後にキュと冷やさないと

こんな、だらーんとした形になる。



で、蛭子さん


テレビに出演し出すまでは、天才漫画家として知られていた。


Wikipediaでは次のように書かれている。



漫画家活動初期は、そのキャラクターが知られないこともあり、「難解な前衛漫画を書く作家」として理解されていたが、キャラクターが知れ渡ると、「思いついたことを適当に描いているため、結果的に『不条理漫画』になっている」ことが判明。ある種、「アウトサイダー・アート」に対応した、アウトサイダー漫画家と呼ぶべき存在である。




このような評価が出てくるであろうことは、出だす前から、彼は気づいていたようである。


(あるインタビュー)


蛭子さんは最初、テレビに出演することを嫌がっていたそうである。


何で?


「馬鹿だと判るから」