IRIOMOTE


第二弾が



西表島からとどきました


わくわく


(どうせ酒だろうという声が)



残念でした!


いりおもてやまねこのぬいぐるみと


古酒の瓶に貼られた「山猫のイラスト」


・・・・・


西表島へ行く途中船が寄った島)


離島好きのponにとって西表島はお気に入り。

島には信号機が二つしかないとても静かな島である。

(しかも子どもたちへの教育的配慮で設置されている)


発電所がなく石垣から送電されている。

大きな台風が来ると、全島停電。

島民は、冷蔵庫の中身を処分するため、連日小さなパーティとなるそうである。


前回滞在したときは巨大台風に直撃された。

(最大風速60メートルぐらいの奴。新幹線の窓から顔を出す感じだそうだ)



「強風の時、車から降りたらダメですよ」


 とホテルの従業員。


「風で飛ばされるんでしょうね」


 とebapon。


「そう、車のドアが」



「・・・・・」



台風が近づくと、島から出る唯一の手段である船はすべて欠航。

(一便だけ決死の覚悟で緊急用に出航する。

 素人は乗ってはいけませんと島民はいう)


帰るのをあきらめて、あのときは、寿司屋にいった。

青い魚の握りを食べながら、

「何時になったら帰れるかなぁ」って呟いたら

「もう一つ発生したから一週間は帰れないじゃないですか」って職人さんから云われた。



その時の台風で倒れ枯死したマングローブ



台風が来ると船はこうやってマングローブの中に避難させるそうだ。



前回、台風のため見ることが出来なかったマングローブの密林をクルーズ



カヌーだと片道2時間の旅となる


pon下娘がもう少し大きくなったらチャレンジしよう。


しじみをゲット!



水っぽくて食えないそう。


で、いよいよ目的の



樹齢400年の


サキシマスオウノキ


巨大な板根(ばんこん=板状の根っこ)がすごい


(一年で1CM育つそう)


島民は、家の木材や船材、まな板などで利用していたという。



pon的にはSPのバッフルで使いたいな〜