Always on the side of the egg

"Between a high, solid wall and an egg that breaks against it, I will always stand on the side of the egg."

とてもすてきなたとえだけれど

ponは生卵がどうしても苦手で、高くかたい壁の向こうで投げつけられるのを避ける側に一票。

(あと、こわいのはドンペリキャビア 決して送りつけたりしないでね)

あまり父親のことを語らないムラカミさんだけれど

このエルサレム賞受賞スピーチでは触れられている。


昨年9月、90歳の父を亡くしたそうだ。


そのころ執筆されていたであろう『1Q84』には「父親の死」が描かれている。


その箇所はまるで、安岡章太郎私小説を読んでいるような気がする。



(花はどうもありがとう。父に代わってお礼申し上げます)