[身辺雑記]マルキ・ド・マニバン・ナポレオン

ponの酒の師匠


o叔父の葬儀


叔父はあらかじめ



納棺用の酒を用意していた。


アルマニャックを選ぶところはマチズモなんだな


ponだったら何を選ぶかなぁ


ともあれ、納棺するのはもったいない。


(というか、棺に入れることは出来ない)



叔父貴の口にちょっと浸して


あとは呑みあげてしまうことに。




つまみはpon姉が用意していてくれたもの。



あとはグラス、グラス


で、ゴッド姉さん(ゆみっちょ)が葬祭場のあちこちを探し


よさげなグラスを見つけだした。



葬儀屋にしてはナイスなグラスではないか。


で、これでいくことに。


ん!


何かグラスの裏にシールが



あっ


・・・・・・


まつご


・・・・・・


(「アル中まっき用」って声も)