江戸すきやき



先々日紹介したテンプラ屋

(一角太郎の店じゃないよ)

お座敷テンプラと江戸すき焼きが二大看板(要予約)


今日は、pon寺の法要で、天の邪鬼さんが講師で見えられた。

肉が好きなんである。


で、えび○にご案内した。


割り下・出汁を使う本格的江戸すき焼き。


(pon県では、割り下は使わず、ダイレクトに砂糖等をいれて味付けするところが多い)


割り下と出汁の配分に気をつけながら調理するんだけれど

どうしても味は濃くなってしまう。


また隣の席ではお座敷テンプラをしているので油がどうしても移ってきて

回ってしまう。


んで、



フルボディのワインで中和。


すき焼きの仕上げは、稲庭うどん


さっと茹でていただく。



さらに〆があって、


すき焼き鍋の残りの具材をつかって(+たけのこ)


焼きめしを造ってくれる。


これが美味!


なんだけれど



ponはこの


「お焦げ」が大好物!


いやはや


堪能しました




(明朝の体重測定が怖いです)