サラリーマン坊主の破壊

本人から病状の説明がなにもないので

本人の承諾を得て、主治医に容態を聞きに行く。

(このブログは架空ですので一応)


女医

「和尚さんですね。サラリーマン坊主さんは深く病んでいます

最初、浮浪者かと思ってお断りしようとしましたが、

pon寺の坊さんとお聞きして診断しました」


pon

「足の具合はどうでしょうか。一歩も動けないといってましたが」


女医

「先ほど、初診料を歩いて払いに来ました。

最初は、給料は皆酒につぎ込んで一円もないといっていましたが」



pon

「・・・・・・」



女医

「サラリーマン坊主さんは破壊されています」



pon

「へっ?」



女医

「肝臓が破壊されています。


もし、治療をはじめたいなら


アルコールをやめ食生活を改善する決意が入ります」





・・・・・


アルコール中毒



・・・・・


しかしこの忌まわしい言葉も

ponの聖典には載っていないのよね




無縁の筈のこの言葉が身近に

まるで髑髏のように佇んでいたなんて


くわばら


くわばら


・・・・・


しかし


ebapon


酒には負けない


どっしりと大地に足をつけ

微動だにせず


高らかに杯を上げこう叫ぶ


酒よ


悪魔の水よ


もしお前に力があるなら


ponの足もとを揺るがしてみよ



くわっはっはっ








はぁ


(写真はwiki