暮れの元気なご挨拶!?

まもなく住職になる「さぼさぼ君」

先日、わざわざ暮れの挨拶に来てくれたそう。


ちょうどponは出かけていて、連れあいが応対した。

「これ、いただいたのよ」

と連れあい

どっかで観たことあるビールだなぁと思いながらも

ちょうど風呂上がりだったので

すぐ呑んだ。


んで、今日、さぼさぼ君が挨拶に来た。

もちろん、今度は手土産はなにももたない。

というか、そういう気遣いは入らないんだけれど。


「ponさん。先日のビール返して下さい」


そうそう、もともとそういう気遣いは入らなかった


って、おいおい



「研究室の『あ』さんから貰ったビールです」


ああ、それならponももらってとってある。


で、返す。


「では、ponさん今年もお世話になりました」


いや、まだ何度も遇うんだけれど


「良いお年を」


で、帰った。


で、さっき来たそうである

「さぼさぼさんが挨拶に見えられたわ」と連れあい

「これ頂き物」

「いただいて良い物かしら」

「うーーーん。流石にこれは『あ』さんからの頂き物ではないだろう」

としげしげと箱を観るpon


「あっ、これはだめだ」



「『あ』って書いてある」






※「い」の上ってことです