SIX PILLARS


THE MACALLANには6つの基本理念ていうのがある

6つの柱、SIX PILLARSだ。

その一つ(4番目)が選別された最上級のオーク樽だそうだ。


ゴートさんによると

最近、良質なシェリー樽が不足しているそうだ。

シェリー酒自体、今は瓶詰めされて運ばれている)

良質なシェリー樽を確保すべく、マッカランは独自で樽を造り

スペインのシェリー酒業者に貸し付け、熟成された樽を回収するシステムを作っている。

こだわりのマッカランも最近、バーボン樽とバッテドするらしく、テイストが変わっているらしい。


で、1970年代前半あたりのカスクが高値で売買されている。

また戦後、燃料不足からピートを大量に使った時代のものはもの凄い値段で取引されている。

フランスのlalique decanter入りの55年ものなんて、150万から250万ぐらいする。

今度、日本限定100本で、2年ごと、6種類、手作りのデキャンタ入りの55年ものが発売されるそうだ。

第一弾として

すでに昨年末

リリースされている。

コンセプトが、マッカランの6本柱のひとつ

NO.4 EXCEPTIONAL OAK CASKS

なんだそうだ。


それぞれのテーマで、今後もリリースされるそうだけれど

一本、100万越え

・・・・・

全部揃えると600万

・・・・・

ponとしては、その値段出すなら

マッカランのクォーターカスクを買うんだけれどなあ。