井関さんの反則業


6月4日開催のモノラル試聴会は

「チャリティ」を銘打っている。

被災地支援のため、バザーかオークションでもしようと思う。

(詳細は未定 アイデア募集中です)

で、ponは小樽を提供

昨年は、焼酎を詰めて出したけれど

今年は、

「宮城峡」

もちろん、10年とかでなく

無印のシングルモルト

oriさん「ぺっぺっぺっ」事件でお馴染みである。

ところで、無印の宮城峡

ニッカなんで、そんな不味いはずはない。

(oriさんも別に不味いから唾棄したわけでなく

シングルモルトとして呑もうとすると舌が受け付けないのである)


国産のモルトでピュアモルトという忌まわしいネーミングをしているものは

だいたいがバッテドタイプ

(ニッカのシングルモルトもその手で、シングルカスクは純然たるシングルモルト


バッテドだとしても、ニッカ

不味い筈はない

で、ちょっとネットで調べるpon


おっ


そういうことね


犯人はあなた


井関さん!


いかんよ!そういうことしては!


(以下、えん罪かも知れないので読み飛ばしてね)


井関「熟成年数のない宮城峡は、5年から10年ものをブレンドしている。

15年ものを加えることもある」


うん。うん。ブレンデーターの腕の見せ所だね。

でも、これでなんで不味いの?


「隠し味に、シェリー原酒を加えているんですよね」

・・・・・・


あ、あ(自粛)




ということで、樽で三週間ぐらい寝かしたら、シェリー酒の臭みがとれるかも知れない。

どうなるかな〜


oriさん。楽しみにしてね〜


(昨年、焼酎詰めた樽には黒霧を入れておきます)