麻酔から醒めたebaponの図

(「素顔を晒しやがれ」とpon姉からいわれたけれど

これが限界かな。)


ニルバーナを聞いて元気が出たebapon

やがてストレッチャーで手術室に運び込まれた。


(室内には変なムード音楽が流れていてがっくり)


手術室に着くと、まず口頭で「名前」と「手術箇所」を伝える。

患者の取り違えを防ぐためだ。

実際、何組か同時に手術を行っている模様だ。

執刀医はすでに診察を受けていたので

初顔の麻酔医さんが挨拶に来る。

ここで、次のストレッチャーに載せ替えられる。

手を真横に広げ、頭を一段低くした姿勢をとらされる。

麻酔医が


「ebaponさん。いまから麻酔をかけます。

これが最後の話しかけになります。

次は起こす時ですよ〜」



で、麻酔の注入を待つebapon

「少しずつ眠くなるのかしら」

と思っていたら

なんの前触れもなく



周囲のざわめきが聞こえ始め

「ebaponさん」と声をかけられ目ざめる。

「それでは酸素マスクを付けます」といわれ

病室へ運ばれていくのであった。

(昼前ぐらいかな)

それから三時間、麻酔が覚めるまで絶対安静。

枕をしてはいけないらしくちょっときつい姿勢。

痛みはないけれど、ちょうど鼻とあごにパンチを受けたような状態で

鼻ものども血であふれ、げぼげぼ。息がうまく出来ない。

かろうじて口で息をしている状態。

(体温も下がっているので、電気毛布をかけています)

やっと三時間たち、酸素マスクをハズされた時は

のどがカラカラ。

連れ合いが、「何か飲む」と聞くので

すがさず

「YEBISU」

「それはだめ」