HANAYA


京都からの新幹線の中

DUFFYのRockferryを聞きながら

もうすぐ不惑になるcoskさんのことを考える。

なにかが心の中を素早く通り過ぎた感覚を覚える

時間

なのか

といいつつ

昼に食べた新福菜館のラーメンが心地よい眠りに誘うんだよな〜

で、

昨晩いった

東山三条のジャズバーHANAYA

JBL4320がブロッサム・ディアリー

Blossom Dearieをとても優しく奏でていた。

「ムラタのツイーターが効く」とご主人

ムラタさんご自身がきて試聴用にどうぞと置いていったものだそうだ。

カウンターにはとても美しい女性が

すっと背筋を伸ばしてギネスを飲んでいた。

(休業中のYAMATOYAさんの誰かも来ていた)

ponもつられてギネスを頂く。

(自分ではかっこよく飲んでるつもりだけれど

はたから見るといかれた親爺が醤油を飲んでいるようにしか見えないんだよな〜)


モルト(オフィシャル)が充実していて、ボトラーズもそこそこ置いている。

値付けもリーズナブルだ。

通常は、奥様手作りのおばんざいをいただくことが出来るのだが

水曜日は仕込みの日で残念ながら料理はお休み。

その分、モルトとジャズに集中することができる。

京都の町屋を改築した店舗なのでしっくいと重厚な梁が存在感をきわだたせる。

まさに男の隠れ家。

アイリッシュウイスキーも置いているのでwooさんにもお勧め

Redbreastはなかったけれどね)