反芻する人


ストーブの披露をかねて宴会

(疑惑の放射線技師

非双子さんも気に入ったみたいで

導入するかもしれない)

sato先生のところで、SACDのトラポの試聴会を終えた一行も

合流。

おみやの唐揚げで腹を満たし

呑みに徹する

呑んだのは、pon市の地酒

「双樹」(沙羅もあるそうです)

oriさん持参の銘酒には及ばないけれど

なかなかまじめに作られた酒で、今後が楽しみ。

つまみは、いかなごの釘煮

うまみの少ない双樹とぴったりのアテとなった。


ところで、好評だった石油ストーブ。

「なによりも空気が綺麗なのがいい」、

といったんだけれど


「ぼうちちさんいるからダメじゃない」

「へっ?」

「反芻するだろ」

「は、はんすう?」

「げっぷするだろ」

「ろ、ローン?」

「だから牛一頭いるようなもんだろ」


ち、地球温暖化