フランス・ギャル2

ぼうちちさんのブログで気付いたけれど

「夢見るシャンソン人形」をモチーフにした歌って

山ねずみロッキーチャック」の主題歌もそうだけど

pon娘達が大好きな、「シュガシュガルーン」のオープニングソング

「ショコラに夢中」もそうなんだな。


なんか、昨晩から、「緑のひだまり」と「ショコラに夢中」と

「夢見るシャンソン人形」の曲が頭の中をこだまして

大変なことになっている(笑

前にも書いたけれど、ponの音の書斎のエンディング

テーマソングは「夢見るシャンソン人形」なんだな。


ところで、フランスギャルは有名な音楽家一族の生まれで

お父さんは、シャンソンの作詞家

その友達が、フランスギャルをアイドル化した

悪名高き(笑

セルジュ・ゲンスブール

ギャルのよこで、ジタンの煙草を燻らせている男だ。

彼がギャルに曲を提供しているけれど

男の悪巧みが盛られているのはいうまでもない。

ロリポップくわえながら、「アニーとボンボン」歌わされれば

いつまでも「かまとと」ぶることは出来ないよね〜


んなことで、(恋愛問題とかもあって)

「アイドル」をそうそうに止めたフランス・ギャルであった。

脱「アイドル」の道筋をつけたのも

セルジュ・ゲンスブール

大人だよね〜


というわけで、

ponはギャル星人なんである。


ん、そういえば

大番頭さんは娘の「シャルロット・ゲンズブール」好きだったよね〜

ゲンズブール星人と名づけよう(笑


で、ぼうちちさんは(笑