新酒祭り

由緒ある田染僧「ダッツ」さんが、新酒をもって

pon津留酒販を表敬訪問されたそう。

そのうち、二本ほどを忘年会打ち合わせ会合用にご提供された。


四国の酒『美丈夫』


(びじょうふと読むらしい)


しぼりたて生原酒で、原酒の持つゆったりとした幅を楽しむことが出来る

ぼうちちさんに倣って、オーディオにたとえると

とても良くできたフルレンジ一本で聞く音楽のよう。


さすがに四国の酒なので料理にも合いそう

酵母が熊本産なので、

みみずを腹一杯食した「しし肉」にぴったりな気がする。

(生酒なので、日持ちしないから

ponが処分しました)

二本目は

岐阜の「醴泉」の新酒

「酒無垢」

雄山で、日本酒度2度とちょい辛

美丈夫では味の変化をあまり感じなかったけれど

これは楽しめそう。


皆でわいわいいいながら飲む酒ではなく

「酒無垢」という言葉が一番似合う

ponが独りでじっくりと呑む酒だなぁ〜