建物探訪〜斎藤邸〜

最近、村上春樹の小説の装丁を担当している

久保明子さん

文藝春秋のデザイン部に所属していて、

ponは川上弘美の『蛇を踏む』でその存在を知った。

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』は

多くの作品の中で最も印象深いものであった。

装画は、モーリス・ルイスの「火の柱」

1961年の作品だ。

『色彩〜』の出版は極秘で、文藝春秋社内でも数名しか

知らされていなかったプロジェクトだったそうである。

装丁を担当する彼女はその選ばれた一人であったわけである。

(「沙羅」は昨晩hanamushiさんと呑んだ酒)

で、日曜朝は楽しみにしている

渡辺篤史の『建物探訪』

奥様がずいぶんセンスの良い人で、ついついそっちに

目がいってしまうぞ(笑

玄関がギャラリー風になっていて、書棚の扉には

単行本がディスプレイされている。

「おっ、村上春樹の本もあるぞ」

ん!?

「この本は全部家内が装丁していまして」

え〜〜

コ、この人が大久保明子ぉ?

おおお「明子」だぁ

(朝から酔いがさめました)