急ぎばたらき

無く子も黙る酒の王道

純米大吟醸 鍋島」

しかも山田錦とくりゃ、鬼に金棒

比較的酸味が抑えられた腰の強い酒

ここはじっくり時間をかけてお毒味役に徹したいところであったが

これは、花火大会打ち上げ用の酒

(wooさんの差し入れです。ありがとうございます)

あっという間に空瓶に(笑


前回呑んだ、鏡山は玉栄で、呑むごとに味の評価が変わり

お毒味役としては困惑したけれど

鍋島はゆるやかな味の変化を楽しめそうである。


そういえば、鏡山は400石の小さな酒蔵で

鍋島も450石と小規模。

自ずと造る酒は厳選され、「ちょっとこれは純米で楽しみたい」

とは軽々しくは言えないところがある。


(ところで、天才杜氏といわれる

飯盛直喜氏

なんかぼうちちさんが喜びそうな名だよなぁ)