機関誌が届きました

他教区ではすでに配布されている機関誌ですが

自教区ではなかなか届かず、これは年内届かないかなぁ

と思い始めた途端配達されてきました(笑

ということで、待ちわびたu所長の論文を早速拝読

(編集の都合で、ponは未読だったんです)

(ちょうど一緒に届いた論文集にも言及しているぞ)

うーーーん、これは凄い

少し視点は違うのですが、ponが注目しているのは

観経、畺良耶舎と「根本説一切有部」との関連です

説一切有部と根本説一切有部の関係は不明)

拙論にも少し触れていますが、親鸞は義浄訳の『根本説一切有部毘奈耶』を読んでいる可能性があります。

この毘奈耶(=律)を読んでいると言うことは、ponにとってとてもとても、とっても重要な問題を示唆しています。