女たちの謀反3

落合誓子さんの本なんだけれど

伊勢谷功さんって人が「王舎城の悲劇はなぜ起こったか」という

文章をよせている

鋭い視点で、示唆に富んでいるが、東本願寺の『現代の聖典』批判としては

少し問題があるようだ

ちょーろーが熟睡中なので大きな声では言えないけれど(笑

王舎城の悲劇はさまざまな経典にあらわれているが

そのなかで親鸞が取捨選択したファクトのみで語っていかなければ

いけないとponは考えている

(この問題は、来週研究室で発表します)