親鸞と末法灯明記

親鸞は、誰がとまでは言いませんが

何の目的で、何に基づき、最澄に仮託して灯明記を著したのか

分かっていたようです

最澄の時代にはないテーマを盛り込んでおり

それを『教行信証』で問題にしています

その誰かが、もし『教行信証』を読んだら

震え上がるほどのことです