雪の報恩講 おわり


法要中は緊張していて、寒さを感じないけれど

終えたとたん、寒気が蘇る。

庫裏に戻ったとたんぶるっと震えてしまう。




ご満座で、振る舞われるぜんざい。


カラダがとても温まる。


ふぅ



いつもは、余ったぜんざいを一角太郎にさしあげて

かわりに美味しい料理を戴いていたけれど

店をたたんでしまったので、それができない


精進あけの料理は一角に勝る料理はないんだけれどなぁ



のこされた楽しみは、まどか先生からの贈り物


越乃寒梅と雪中梅



これは冷やで戴き

がらがらになったノドを潤すんである。



まどか先生どうもありがとう御座います。

あまり気を遣わず



次回は是非、


「樽」を贈って下さい。