woo邸襲撃記顛末

緻密な計画。用意周到。

満を持しての襲撃計画。


で、

見事に絡め取られたぶージーズ。



最近mamboさんの影響で薪ストーブに目がいってしまう。

wooさんの別邸は阿蘇山に抱かれた閑かな別荘地にある。

敷地内には

渓流が流れ

水遊びや

下流には河川敷プールがあるそうである)

生ビール樽を冷やすことができる。

高度が700メートルあるので

薪ストーブは必需品だそうである。

各部屋は、ロケーションを重視し、眺めは最高。

時のたつのを忘れてしまいそう。

(メインのアヴァンギャルドのあるオーディオルームは地下にありますが
wooさんのプライベートルームなので公開しません。実は賭博・・・)


サービスショット


(禁断の男の部屋、地下室への階段です。むふふ)


ついでに巨大なガレージ棟


ちょっとサービス



で、なんといってもメインはバーベキュー


会場は敷地内の四阿




生ビールのサーバーの準備OK!


さっそく炭火を熾して



肉を焼く。

肉はS本さん御用達の特選霜降り和牛

ちょっとバーベキューにはオーバークオリティでもったいないほど

仕上げにモルトとシガーを用意していましたがお腹いっぱいで

そこまでたどり着けなかった。

〆は奥様の極上カレー。

ponは辛いものは宗教上の理由で(笑)

食せませんが、禁を犯して少し戴く。

うま〜


ところで、目的は討ち入り



見事な返り討ち。


しくしく


(mambo邸では必勝を期すぶージーズ。飛騨牛げっとーーーン)



飴と鞭


しくしく


皆腹一杯になって、後は寝るだけ


と思っていたところ


しくしく


オーディオルームの大改装


・・・・・・


もう夜中ですけれど


wooさん「珈琲飲む?」



しくしく



ponはエスケープしたが


(ずるっ)


みな地下牢で強制労働



花虫さんなんて釈放されたのが朝五時。


・・・・・・・


で皆七時に起きて朝食





またしても奥様の手料理


(涙が出るほど美味しゅう御座いました。)


で、七時半帰途。


第一陣は、ponの法務があって、

直帰。

(2時間しか寝ていないはな虫さん大変ありがとう御座いました。)


ぼうのちちさんは熊本市内へ「むふふ」の旅へ


(とても家族にはいえないアバンチュールだったそうですが

差し支えない程度で良いですからブログにアップして下さい)



ともあれお誘いいただいたはな虫さん

お招きいただいき過分に接待いただいたwoo夫妻

大変お世話になりました。


wooさん、今度はご夫妻で大分に遊びに来て下さい。