我が母の教え給いし歌


昨晩は、小林美恵さんと小林道夫さんの演奏会があるそうで

hanamushiさん、非ローバさん、

ロッシーニこと泥棒カササギさんらとY市にあるホールまで出かけた。

さっそくアルテジオの猫がお出迎え。

「ponさん、クラッシック聞くにゃー?」

ストラディバリウス(昭和音大所有)聞きたいんだよ」

「楽器は嫌いだにゃー」

「三味線じゃないよ。まあ馬の尻尾抜いて使ってる奴だけどねどね」

と、すでに酔っぱらっているponは千鳥足で

会場へ。

いやしかし、間近で聞くストラディバリウスは迫力あるなぁ。

(前に聞いた時は、なんとPA(エレボイ)通して聞かされたからなぁ)

ピアノの小林道夫さんも滋味あふれる演奏をしている。


隣のロッシーニさんは「心臓鷲づかみにされた」といっていたけれど

(心臓に持病があるのかな)

ponは、なぜか赤ワインを飲みたいなぁとずっと考えていた。

そういえば、チーズも生ハムもかってなかったなぁと悩みもしていた。

(結局、帰ってから音の書斎では、「東一」のんだんだけれどね。)


と、アンコールの一曲

ドヴォルザーク歌曲集『ジプシーの歌』より

『我が母の教え給いし歌』』(フリッツ・クライスラー編曲)


おいおい


しかも、pon母とほぼ同年の小林道夫さんの演奏


むーーーー


さすがのponも「心臓鷲づかみ」

やっぱ、ワイン呑んでポリフェノールとらないとね(笑