ebaponの歌姫


ebaponの最も愛するシンガーは


ノラ・ジョーンズの全米ツアーの前座をつとめた





Gillian Welch




ざっくりとした寂寥と地を払う絶望

テーマは重く、言葉は沈む



プレスリーの踊りから大統領の死」
(「死ぬまでに聞きたいアルバム1001枚」より)




メロディに惹かれ、口ずさもうと

歌詞を紐解けば誰もが愕然とし

口を噤む


(この歌詞を歌えるのは、ルシンダ・ウイリアムズ、
 エミリー・ハリスぐらいか)


ebaponは「彼女の存在」を三菱ロクハン(P610)一発で

表現しようとしてきた。


今は、これ



イタリアの小娘

「MINIMA」



(写真はリア用)



アンプをパスのアレフ3と奢ったら

よく歌い始めた。

アレフはとし坊さんからの借り物
 返却期日が過ぎているので
 次ぎのアンプを探しています)



ebaponのもう一つの

「ミニマ」ム・ポッシブル


でも、MINIMA嬢は明るく屈託なく歌うので


ギリアンも、のりが



コーエン兄弟


 オーブラザー!