いじくり回されていました(笑

春の定例行事「福音返し」を終えた町内会面々は

音の書斎でしばし歓談して、散会したそうである

ponがやっと下娘を寝かしつけ書斎にあがった時には

ぽつんと一升瓶がセンターテーブルに置かれているだけであった。

で、

話はその「瀧水流」だけれど、

前回のお毒味の時よりコクがでていた。

すっきり感はあるものの

やはり寝かすと良いなぁ

・・・・・・

って

誰だ落書きしたのは

この自画像は、あの人だと思うが

彼はやせたんじゃないか?

ん!?

「○本やせ自慢」と書かれているぞ

やっぱりあの人だ(笑