お浚え

報恩講最後の行事「お浚え」


「信心の溝を浚える」お勤め。

昔は、その後、女人講があり、ご苦労戴いた御門徒の婦人会の集いがありました。

報恩講を勤め上げた開放感?からか結構お酒を飲まれる方がいてとても楽しい一時でありました。

また復活できたらと思います。

(以下、昨日の風景)



寒い中勤められた報恩講

昨日は「お汁粉」で暖まりました。

大鍋いっぱいありましたが、これだけになりました。

「御俗姓」拝読

写真は「おとも」の練習風景。

とても緊張しています。

おともの役が回ってくると、着物を新調される方がいます。

「御俗姓」の旨趣と違うのですが・・・


前に勤められた方に、着物は新しく誂えたのでしょうと訊ねましたら

「ええ、主人にはとてもいえないほどかかったのですが」

と、そっと教えてくれました。


報恩講中は、精進です。

肉は口にしません。三日間ほどですが、お腹周りがすっきりとします。

写真は、報恩講終了後、総代会でいただく弁当。

一角太郎さんに腕をふるっていただいています。



お荘厳の華束もばらばらに

お餅は講組ごと配られます。


今日はみなお餅を戴いていることと思います。


何餅にしてるのかなあ?