スケアクロウ

イチローは絶好調で、27試合連続安打。

王選手って一本足打法、またの名「かかし」打法で有名だけれど

イチロー振り子打法

ところで、スケアクロウは日本のかかしと違って、二本足だから

イチローも「かかし」打法でいいのかもしれない。

で、

ponがいま注目しているイチローモルト

死んじまった、マイケル・ジャクソンが絶賛していたんだよな。


これは「スケアクロウ

見た目はダークだけれど、味わいはマイルド。

文字通り「こけおどし」だ。


ふぐを食べて、出かけていったのは

(ぼうのちちさんにはお見通しだった)

パブ ブーケ

ボヤッキーn川君セレクトの店だから

化粧の濃いねーちゃんが

スカートを

ぱぁ〜とひるがえして


いる、

正統的な大人のバーでした。



実はponも前々からここに来たかったのである。

(ぼうちちさんはかつて常連だった)


凄腕のバーマンがいるのである。



あこがれの雅子さんなんである。


いや格好いい



目をきらきらさせているボヤッキーn川君


「僕をイメージしたカクテルを作って下さい」

で、出てきたのは

・・・・・・

可愛いハートがついている。

「kitten(仔猫ちゃん)のハートだね」

「いえ、たぶん、チキン・ハートです」

よく分かっているバーマンとボヤッキーn川君。

ponはいつものダブル・オー・セブンを飲んで

あとはただモルト道一直線。

最初のは極秘で試飲させてくれたグレンリベット

(みんな秘密にしていてね)

fシーズンで飲んだHAKUSHUのスパニッシュ・オークのやつ

軽めのハイランドパーク


などなど



モルトのセレクトもすごいけれど、

やっぱりカクテルの完成度はとても高い。

こんな店が近くにあったらなぁ。


初日の夜に目標をクリアしてしまったebapon

あとは腑抜けのように研修を受けるのであった。


そうそう、

鬼軍曹さんは「ほくりく」(ベースは日本酒)を飲んで郷愁に駆られていました。