ebapon、驚く

日頃モノに動じないebapon


滅多なことでは驚かない。



まあ、連れあいからは


「反応が鈍いから、落ち着いて見える」


と洞察されているんである



しくしく



んで、きょうは



心底


驚いた。




というのは、先日、非双子さん、はな虫さんから


「テンプラ屋にいかないか」


と誘われていた。



(ふーーーん、テンプラ屋に誘ったりするのね


・・・・)



で、今日がその日。


ちょっと、法務が忙しくて、最初断ろうかと思ったけれど、


誘われかたに含みがある。



これは何かあるな、と思い少し遅れるけれど参加した










ら、店に入って



ponは固まった。



んなあんと


「一角太郎」の店、復活!



も、もとい




新店舗のきりもりで精悍になった太郎君



(店を始めて2ヶ月たったそう。ずっと黙っていたんで顔をさらすんである。


連れあいも少し怒っていた。心配していたんである。まあ、手堅い太郎君だから店が軌道に乗るまではひとに紹介しないだろうから、と。)





西修業時代はお座敷テンプラをしていた太郎君。


テンプラ一本とはいえ、やはり味は一角。



いやはや



いやはら



うれしいやら


なんやら


かんやら









いとうれし