癋見

朝、お参りに出ようとするところを連れ合いから呼び止められ

「お雛様を出すのを手伝うこと」と命じられる。

重い箱だけ急いで運んで、お勤めに。


帰ってくるとできあがっていた。

下の娘は大喜び。


連れ合いは

「小さいのが楽で良いね(絵でもいいし)」


と。


三月三日は佐世保で研修の予定。かわりに娘とひな遊びの一時を過ごす。


と、下の娘


「これお父さん」


と指さす



「お父さん、怒ってる」


 絶句するお父さん


このところ、こんな顔しているのか。



飲みに行ってもこんな顔をしているebapon



「ええい、酒はまだ来ぬのか」



反省するebapon。



理想とする顔は



 癋見(べしみ)


 こんな顔になりたいのである。


(癋見についてはあらためて)